FDSPはバイオマス関連設備、飼料、肥料製造機械設備、倉庫設備等トータルソリューションプラントエンジニアリング企業です 見積とお問合せ

ホーム   |  

  • ニュース情報
  •   |  
  • FAQ
  • 造粒機の閉塞の原因分析と対策

    2020-11-18

    造粒機の製造において最も一般的な現象は、機械の詰まりです。機械が詰まると、モールドロール間に硬くて厚い材料の層が蓄積し、加圧ローラーが材料を絞り出すことができず、造粒機が回転できなくなります。 。ブロッキングマシンは、生産を遅らせるだけでなく、造粒装置の寿命にも影響を与えます。以下は、フィーダーの閉塞の理由と以下の​​側面から取られるべき措置を分析します。

    1リングダイとプレスロール間のギャップ

    リングダイと加圧ローラーの隙間が大きすぎると、ダイローラー間の材料層が厚くなり、偏在し、加圧ローラーが滑りやすくなります。ダイローラーの材料に対する圧搾力が、ダイ穴の内壁の材料に対する抵抗よりも小さくなると、材料を圧搾することができず、機械がブロックされます。機械の詰まりを減らすために、製造時に適切なダイロールギャップを調整する必要があります。通常は0.1〜0.3mmで、加圧ローラーとリングダイが互いに寄りかかっているように見えます。リングダイを回転させると、加圧ローラーを駆動して回転させます。

    2蒸気品質

    蒸気の質が悪いと、焼戻し後の材料の水分が高くなりすぎ、造粒機に入った後のダイホールが塞がれやすく、加圧ローラーが滑って機械が詰まります。比性能:(1)蒸気圧が不足し、含水率が高いと吸水量が多くなりますが、圧力が低いと焼戻し時の温度も低く、でんぷんの糊化が悪く、造粒効果が悪い(2))蒸気圧が不安定で変動する造粒機は、いつでも供給量を調整して、蒸気量が最高レベルに達するようにする必要があります。造粒中の少しの不注意により、材料も焼き戻し後の水分が多く、詰まりが発生しやすい機械。したがって、ボイラー室は、蒸気圧力が0.2〜0.4MPa、温度が130〜160°C、蒸気圧力の変動が0.05MPaを超えないように、高品質で安定した乾燥飽和蒸気を提供する必要があります。パイプライン内の凝縮水の影響を減らすために、ペレタイザーはペレット化する前に凝縮水を排出し、いつでも排水とガス-水分離器をチェックする必要があります。造粒機は、製造時にいつでも焼入れ焼戻し材の含水率をチェックする必要があります。通常、含水率は18%を超えない15.5%から17%に制御する必要があります。判断方法は、一握りの焼入れをつかむことです。焼き入れした素材を軽く固め、広げておくことをお勧めします。

    3焼入れ焼戻し法

    ホエイパウダー、ミルク代替パウダー、またはスクロースを含む子豚の丸焼き飼料の製造では、「低温高速」法を採用する必要があります。ホエイパウダー、代用乳パウダー、スクロースなどの原料は吸湿性が高く、高温にさらされるとコークス化しやすくなります。造粒時に温度が高すぎると、ロール間で凝集しやすく、材料、機械をブロックさせます。したがって、子豚の丸焼きの温度は65〜75℃に制御し、生産速度を速くする必要があります。

    4リングダイ

    リングダイの開き速度とダイ穴の滑らかさを改善し、ステップ抵抗を減らし、吐出速度を上げます。リングダイの場合、開放率が低く、出力に影響を与えるだけでなく、機械を簡単にブロックします。ダイ穴の仕上がりが悪く、素材に対する耐性が高いため、新しいリングダイを研磨する必要があります。研磨する場合は、オイルサンド材料(砂10%、大豆粕10%、米ぬか70%、オイル10%)50〜100kgで10〜20分洗浄します。各造粒が終了したら、リングダイを20%の含油油で5〜10回洗浄し、元の材料をオイルに置き換えてダイの穴を埋め、機械が押し出されやすいようにします。次回はオンになり、機械の詰まりを軽減します。

    5操作方法

    製造中に機械が詰まると、モールドロールの間に厚くてタイトな材料層が形成されることがよくあります。機械がわずかに詰まっている場合は、材料層にオイルの層を注ぎ、オイルを浸してから、リングダイが正常に回転するまでモーターを始動します。この方法が無効な場合は、モーターの焼損を防ぐために、複数回起動しないでください。現時点では、モールドロール間のギャップを増やし、材料を取り除き、生産を開始する唯一の方法です。

    次:番号

    著作権 © 江蘇良友正大株式会社 版権所有 FDSPは、専門の製造業者の専門の飼料機械、肥料機械、バイオマス機械、鋼鉄サイロエンジニアリングです

    問い合わせ 解決
    オンライン相談
    あなたの質問を記入してください、 喜んでお手伝いさせていただきます!

    問い合わせ

    お客様の課題に向き合い解決に尽力します。お気軽にお問い合せください。